NetMotion 会社ロゴ

NetMotion Mobile IQ v3.10 - 既知の問題と解決済みの問題

最終更新日:2020 年 10 月 6 日

[ ]内は内部問題番号です。問題は、発行番号順に記載されています。


既知の問題

コンソールシングルサインオンを使用した場合のユーザーアカウントの重複 [MOB-17223]

コンソールシングルサインオンが有効な場合、ユーザーが異なる構造のドメイン/ユーザー名(たとえば、yourco\sampleuser と sampleuser@yourco.com)を使用して Mobility にログインすると、Mobile IQ に重複したユーザーアカウントが作成されます。

デバイスアクティビティダッシュボードに報告されるネットワーク アダプタの重複 [MOB-16519]

一部のデバイスでは、デバイスアクティビティドロップダウンフィルタで、ネットワーク アダプタの重複が報告されることがあります。たとえば、デバイスのオペレーティングシステムおよびハードウェア構成が原因で、デバイスによっては、セルラアダプタが 1 つしか存在しない場合に、複数のセルラアダプタが報告されることがあります。

サービスエリア/接続マップで報告される不明なデータ [MOB-15914]

クライアントやデバイスによっては、不明なホームキャリア、キャリア、信号品質、またはその他の技術の種類/テクノロジー世代の統計が報告される場合があります。これは、デバイスのセキュリティポリシーが原因であったり、報告されたクライアントデータに予想されるフィールドが含まれていなかったことが原因である可能性があります。

Firefox ブラウザの Enhanced Tracking Protection [MIQ-6541]

Firefox ブラウザでは、デフォルト設定で Enhanced Tracking Protection が有効になっています。Firefox ブラウザを使用しているクライアントデバイスでこの設定が有効になっていると、トラフィック宛先が Mobile IQ に報告されず、このデータがダッシュボードの視覚化表示に含まれないことがあります。

Mobility による通信改善効果ダッシュボードの夜間システムプロセスが、完了までに数時間を要することがある [MIQ-6011]。

大規模展開(最大 15,000 台のクライアントデバイス)の場合、Mobility による通信改善効果ダッシュボードでの、緩和された Wi-Fi/セルラ接続障害を集計する夜間システムプロセスは、完了するまでに数時間かかる場合があります。これらのプロセスがバックアップ動作によって中断された場合は、バックアップが完了した後に再起動する必要がありますが、Mobility による通信改善効果ダッシュボードでの新規データの報告が数時間遅れることがあります。それらのシステムプロセスが中断されないようにするためには、午前 8 時以降に Mobile IQ バックアップをスケジュールすることが推奨されます。

マップを KML にエクスポートするときにデバイスの最小時間フィルタが適用されない [MIQ-5977]

Wi-Fi 接続マップまたはセルラと Wi-Fi 接続のマップを KML ファイルにエクスポートする場合、エクスポートされたデータには最小デバイス時間フィルタが適用されません。

一部のダッシュボードテーブルがエクスポートできない [MIQ-5976]

一部のダッシュボードテーブルはエクスポートできません。該当するダッシュボードは次のとおりです。セルラアダプタのステータス、ネットワークの正常性、リアルタイムトラフィック監査、VPN セキュリティ監査、および Wi-Fi セキュリティ監査

Mobile IQ サーバーのタイムゾーンがブラウザまたはマシンのタイムゾーンと一致しない場合に、日付と時刻の報告で間違いが発生する [MIQ-5967]

Mobile IQ サーバー用に構成されたタイムゾーンが、Mobile IQ コンソールにアクセスするために使用しているブラウザまたはマシンのタイムゾーンと一致しない場合、間違ったタイムスタンプでデータが集計される場合があります。詳細については、Mobile IQ ヘルプのデータの集計を参照してください。

「最終更新日」の時刻が間違ったタイムゾーンで表示される [MIQ-5928]

Mobile IQ コンソールへのアクセスに使用されるブラウザまたはマシンのタイムゾーンが Mobile IQ サーバー用に構成されたタイムゾーンと一致しない場合、最終更新時刻を含む一部のダッシュボードでは、誤ったタイムゾーンが表示されることがあります。該当するダッシュボードは次のとおりです。セルラアダプタのステータス、展開ステータスネットワークの正常性

カスタム診断テストで、1 つ以上のテストが不合格でも合格と報告される [MIQ-5927]

診断レポートの詳細ダッシュボードのカスタムテストの概要については、カスタムテストが 1 つ以上不合格でも、カスタムテストに合格したことが報告される場合があります。[表示:すべてのテスト]を選択し、各カスタムテストの結果を表示します。

Mobility の接続状況タイムラインで、時間範囲が未来の日時に設定されている場合にデータが表示される [MIQ-5922]

選択された時間枠でデバイスによって報告された最終的な接続状況が「到達不能」または「切断」である場合、そのデバイスは新しい接続状況が報告されるまで、ダッシュボードの表示でその状態のままとなります。

コンソールアクセスの「強制ログオフ」で、パスワードフォームに部分的に入力される [MIQ-5919]

コンソールアクセスダッシュボードで、コンソールセッションを終了するために強制ログオフを使用すると、パスワード変更フォームに部分的に入力が行われます。

IP 場所監査で、国名や都市名のないマップピンが表示される [MIQ-5911]

IP 場所監査ダッシュボードで報告される一部の宛先には、国や都市に関する情報が含まれていません。ダッシュボードの表示機能では、そうした宛先については、国が空白のままになります。

セットアップで Mobile IQ コンポーネントのアップグレードが失敗する [MIQ-5842]

Mobile IQ アップグレード中に、セットアップが Mobile IQ コンポーネントのアップグレードに失敗したことを示す警告が表示される場合があります。NetMotion テクニカルサポートに連絡する前に、アップグレードプロセスを完了し、Mobile IQ サーバーを再起動してみてください。Mobile IQ 管理ツールが正常に起動するかどうか、また、Mobile IQ コンソールにアクセスしてダッシュボードを表示できるかどうかを確認してください。さらに対応を要するかどうかについては、NetMotion テクニカルサポートにお問い合わせください。

Wi-Fi 接続マップの詳細テーブルをアルファベット順にソートできない [MIQ-5704]

Wi-Fi 接続マップダッシュボードのグリッドセル詳細テーブルでは、SSIDBSSIDデバイス、またはユーザー別にアルファベット順のソートはできません。ダッシュボードのフィルタを使用して、対象とするデータのテーブルを参照してください。

Apache log4net 2.0.8 の脆弱性 [MIQ-5655]

セキュリティツールによっては、Mobile IQ コアファイルをスキャンする際に Apache log4net 2.0.8 の脆弱性を報告してくる場合があります。Apache log4net は、log4net 構成ファイルを解析する際に、XML 外部エンティティを無効にしません。この脆弱性は解消され、Mobile IQ では信頼されていないソースから任意の構成ファイルを指定することはできません。Apache log4net 2.0.8 は、今後の Mobile IQ のリリースで置き換えられる予定です。

ユーザー:[なし] での日本語検索は、フルワードを使用する必要がある [MIQ-5465]

Mobile IQ コンソールで日本語を使用する場合、テキストフィルタで値 [なし] に、語の一部やワイルドカード*を使用することはできません。検索時に正確にフィルタリングされた結果を表示するには、完全な文字列を入力する必要があります。

時間フィルタのラベルに、日付範囲が終了月がない状態で表示される [MIQ-5158]

ダッシュボードで選択した時間範囲が複数年にまたがっている場合(たとえば、2019 年 12 月 29 日から 2020 年 1 月 25 日まで)、検索は予定通りに完了しますが、フィルタラベルには終了月が表示されません。

ネットワーク上の場所へのバックアップに失敗する [MIQ-5006]

ネットワーク上の場所へのバックアップはサポートされていません。バックアップを作成する Mobile IQ データ処理サービスは、マップされたネットワークドライブにアクセスできません。–そうしたドライブは、システム全体ではなく、特定のユーザーに対してのみマップされます。

一部のチャートはローカルサーバーのタイムゾーンで表示され、その他のチャートが UTC で表示される [MIQ-4680]

サーバーのタイムゾーンが Mobile IQ によって認識されない場合、一部のチャートは UTC で表示され、ほとんどのチャートは Mobile IQ サーバーのローカルタイムで表示されます。

バックアップ作成時、バックアップの予測サイズとリスト表示されているディスク容量が異なる [MIQ-4538]

バックアップを実行する場合、Mobile IQ では、バックアップを保持する十分なディスク容量とシステムのインデックス作成のためにさらに 5 GB が必要です。Mobile IQ では、パフォーマンスを最適化するため、20%のディスク空き容量が必要です。

バックアップをネットワーク上の場所にコピーできない [MIQ-4505]

アーカイブ目的で Mobile IQ バックアップをネットワーク上の場所にコピーするには、バックアップをコピーする前に zip 圧縮しておく必要があります。バックアップを圧縮すると、ファイル構造とディレクトリパーミッションが保持されます。バックアップがネットワーク上の場所にコピーする前に zip 圧縮されていない場合、特定のバックアップファイルやディレクトリはコピーされたバックアップに含まれません。

午前 12:00 ~午前 5:00 の間、自動バックアップがスケジュールできない [MIQ-4499]

自動バックアップをスケジュールする場合、午前 12 時から午前 5 時までの時間帯に行われる既存の Mobile IQ システムのデータ処理タスクのため、この時間帯はドロップダウンリストから利用できません。

地図データが直前の時間と比べて現在のものではない [MIQ-4497]

セルラと Wi-Fi 接続のマップなど、一部のマップでは、1 時間単位のスケジュールでデータが処理されます。Mobile IQ によってデータが処理される前に直前の時間の地図を表示している場合、そのデータは地図上に表示されません。

Mobile IQ ダッシュボードから Mobility コンソールが開けない [MIQ-4051]

ダッシュボードの中には、Mobility サーバーの詳細 ダッシュボードなど、Mobility コンソールにリンクしているものがあります。Mobility サーバーで Mobility コンソールアクセス URL が誤って設定されていると、それらのリンクは機能しません。これは、Mobility 設定ウィザードで Mobility サーバーの FQDN を入力する際にエラーがあった場合に発生します。展開は正しく機能しますが、Mobile IQ ダッシュボードからのリンクは間違ったサーバーアドレスを使用します。

サポートデータレポートを開始後にキャンセルすることができない[MIQ-1718]

管理ツールの[サポート]タブから[レポートの作成]をクリックすると、レポート作成プロセスの途中でポップアップが表示されます。ポップアップで[キャンセル]をクリックすると、レポートは引き続き生成されます。

デバイスの詳細:アクティビティマップに複数の[トレース開始]および[トレース終了]アクティビティピンが表示される [MIQ-1642]

デバイスアクティビティマップの右下隅の[更新]アイコンをクリックすると、マップに複数の[トレース開始]および[トレース終了]ピンが表示される場合があります。

軸単位が非常に小さい値で読みにくい[MIQ-817]

棒グラフ単位が非常に小さい値を表示していると、数値軸の単位が重複して判読できない場合があります。値を表示するには、グラフのバーにカーソルを合わせます。

棒グラフに垂直軸ラベルがない[MIQ-728]

場合によっては、1 つまたは複数のアイテム(たとえば、セルラキャリア)の棒グラフに垂直軸ラベルが表示されないことがあります。項目名を表示するには、グラフのバーにカーソルを合わせます。

管理ツール:アップグレード時に、固定したショートカットが機能しない[MIQ-271]

Mobile IQ 管理ツールのショートカットをタスクバーに固定すると、アップグレード後にショートカットが機能しなくなり、アイコンが空白のページに戻ります。これはダッシュボードの更新ではなく、フルアップグレードにのみ適用されます。


解決済みの問題

修正バージョン

サマリ

問題番号

説明

2.10

最低アプリケーション使用量: タイムチャートにデータがない

MIQ-1496

タイムチャートには、時間枠やその他のフィルタ選択に関係なく、データが表示されるようになりました。

2.10

デバイスの詳細:アクティビティマップにいつもデバイストレースが表示される

MIQ-1459

アクティビティマップに、指定された時間枠の正しいデバイストレースが表示されるようになりました。

3.00

コンソールシングルサインオンを有効にした状態で Mobile IQ にログインすると、頻繁にエラーが発生する

MIQ-5099

コンソールシングルサインオン (SSO) を有効にして Mobile IQ にログインしたときの不正な SAML 応答形式が修正されました。

2.50

一部のコンソールチャートが UTC で表示され、他のコンソールチャートはローカルサーバー時間で表示される 

MIQ-3226

Mobile IQ サーバーが夏時間を使用しないタイムゾーンに設定されている場合、タイムチャートは正しいユーザータイムゾーンを表示します。

2.50

一部のデータテーブルをエクスポートできない

MIQ-2997

デバイスおよびユーザーダッシュボードのテーブルをエクスポートできるようになりました。

2.50

ブラウザのタブを更新すると、時間枠が[ 直近 24 時間]に戻る

MIQ-2081

ブラウザを更新しても時間フィルタが保持される

2.50

[ 時間 ]フィルタではリアルタイム選択が可能だが、結果が生成されない

MIQ-1544

時間フィルタが更新されています。

2.50

アプリケーション使用量ダッシュボード:[前の営業週]を 選択 すると、7 日間の選択になる

MIQ-1262

時間フィルタは、予想される前の週/営業週の動作を生成します。

2.50

デバイスの詳細:ダッシュボード更新後に[ 除外されたアクティビティ ]フィルタが適用されない

MIQ-1214

フィルタリングされたアクティビティは保存され、ダッシュボード更新後に適用されます。



©2020 NetMotion Software, Inc. | www.netmotionsoftware.com